札幌の古本屋の窓辺から 〜古書出張買取りの書肆吉成

北海道札幌市の古書店・古本屋です。専門書・学術書・美術や趣味の本など古本古書を買取ります。出張買取もしております。
札幌市東区北26条東7丁目3−28 011−214−0972
 ■札幌の古本買取専門店 書肆吉成  

 ■在庫一覧(新刊本・古書)

 ■日本の古本屋登録書リスト

 ■古本紹介

   メール yosinariアットsnow.plala.or.jp
  電話 011-214-0972   携帯 080-1860-1085
  FAX 011-214-0970
  営業時間・12時〜17時(日曜日定休)

 古本古書出張買取り致します。
 お気軽にご連絡下さい。
 
<< ポーランドの寺山修司20070701 | main | 手紙を書いて日が暮れて >>
アフンルパル通信第ii号。そして「鉄幹・晶子」、7/18
アフンルパル通信第ii号に向けて、かりん舎さんをお訪ねし、大まかなお話をしてきました。
六月いっぱいはアフンルパル通信の編集です。
ついつい長居し、おじゃまをしてしまいました。仮面の本までいただいてしまいました。坪井さん、高橋さん、ありがとうございます!

そして7/18の吉増先生を札幌にお迎えする会も、じょじょに考えはじめ、
昨夜は小黒君と長電話してしまいました。
携帯電話を持ち始めたばかりだというのに、電話代に青くなりました。
これは危険な道具ですね。

「国文学6月号臨時増刊号」(学燈社)として
特集:鉄幹・晶子―夢の憧憬
という本がでます。巻頭対談は与謝野文子氏+吉増剛造先生「鉄幹の眼、晶子の声」です。
石塚純一先生「編集の時間―新詩社の一隅にて」も掲載されています!

ギャラリー山の手に「ポーランドの寺山修司」イベントのお知らせとご挨拶に伺いました。
オーナーの山形さんは寺山修司が青春時代に「牧羊神」を立ち上げたときの最初の同人の方です。いまは大会社の社長さんです。
旧交が深かったので、たくさんの書簡をだいじにお持ちになっています。
寺山修司にかかわる最近の出来事を楽しくお聞かせ下さり、帰りにはお土産をたくさん持たせて下さいました。
本当にありがたく、また楽しい時間をいただきました。ありがとうございました。
| - | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.camenosima.com/trackback/634273
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
熱帯雨林の彼方へ
熱帯雨林の彼方へ (JUGEMレビュー »)
カレン・テイ ヤマシタ, Karen Tei Yamashita, 風間 賢二
RECOMMEND
“関係”の詩学
“関係”の詩学 (JUGEMレビュー »)
エドゥアール グリッサン, ´Edouard Glissant, 管 啓次郎
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
へんな子じゃないもん
へんな子じゃないもん (JUGEMレビュー »)
ノーマ フィールド, Norma Field, 大島 かおり
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
PROFILE