札幌の古本屋の窓辺から 〜古書出張買取りの書肆吉成

北海道札幌市の古書店・古本屋です。専門書・学術書・美術や趣味の本など古本古書を買取ります。出張買取もしております。
札幌市東区北26条東7丁目3−28 011−214−0972
 ■札幌の古本買取専門店 書肆吉成  

 ■在庫一覧(新刊本・古書)

 ■日本の古本屋登録書リスト

 ■古本紹介

   メール yosinariアットsnow.plala.or.jp
  電話 011-214-0972   携帯 080-1860-1085
  FAX 011-214-0970
  営業時間・平日10時〜18時(日祝は12時〜18時)

 古本古書出張買取り致します。
 お気軽にご連絡下さい。
 
<< 奄美自由大学ゆかりっちゅ | main | 書肆吉成の初競り >>
心の月ノ傷跡
ぼくは奄美に行った/奄美に「行く」なんてできるの?
ボクはそこでさまざま光景を見た/すべては影かマボロシか、あるいは・・・
音を、音楽を、声を、聴いた/海流は早く強い
言葉たちに耳を傾けた/うずまきがそこで幽かに傾いただけ
それを憶えている。触れようとしたこと。
身体に刻もうとして、触れようとして、手をのばした。
触れたこと。そしてすぐ消えていったこと。手のひらで渦巻く旋風?

ぼくは奄美を走った/ハンドルとアクセルを操作した
風景は写真と二重写しに回転した/ダッシュボードに差し出した「カピパラ」
反射する風景/反射する心
ぼくはそこでさまざまな言葉の交響を聴いた/聴いた聴いた聴いた

それを憶えていない。耳の奥で響きとなった海鳴り。
道おしえが教えたその道の経路は島のどこを巡っていたのか?
巡ったこと。恵んでもらったこと。何を憶え、何を忘れた?

ぼくは忘れた/名刺を、お礼を、恐れを、測量を
ぼくは忘れた/一切を、nothingを、忘れたことを忘れることを
ぼくは忘れた/名前を、顔を、手を、そして足の裏を
ぼくは忘れた/のかもしれない、そんなに大切なものを忘れておいてなお、

墓場の傍に川が流れ、枕もとに立つ詩人の影、顔は見えない、白い閃光を放ち口が開く
未来の本の夢、刹那の鳥影が斜めに走り、波と坂が三線の律動と声の波動にとり憑く、
満月に天秤担いだ農夫さん。この眼に天秤担いだ農夫さんが見えるのか!
月光が夜空を白くした島を/車に乗せて走る、島の教え、その優しい優しい響きを聴いた

島の教えは謎だった。答えは当分見つかりそうにない。
ただ泳ぎを覚えるために、おぼれようとしたのか。
忘れてもいい。
泳ぎを忘れて、海に入ってゆけばいい。

島でずっと歩きを困難にさせていた、あの足裏の痛みはいったい何だったのか?
忘却とひらめき 一瞬の天啓 忘れの奥底に眠る惑星ノ傷跡

すべての謎を天秤に担いで農夫さんは見つめて/見つめられて白く月に光る
浮かぶ中空 走る車 本の夢 飢え 渇き 不安 恐れ 翳り 絶海の果て
に島を夢見る 教え 学び 樹 見たことのない樹 謎 本の謎に囚われる
さまざま方角にむかって、西へ、東へ、北へ、南へ、
天空へ、底へ、未知へ、ウラへ、歌へ、写真へ、映像へ、奄美へ

奄美のことを書いたわけでも無い/奄美のことを「書く」なんて・・・
ただ言葉が浮かぶとおりに打刻した。自分の名前も忘れた。
一切は誰かの独り言のマボロシ−−

 
 
| - | 22:50 | comments(6) | trackbacks(1) |
コメント
八月ではありませんでしたが、ちょうどまん丸お月様でした。

石塚千恵子さんとポルトガルの満月の話をして、
吉増先生とネフスキー『月と不死』の話をしました。
この本の話から月に映っているの影を、ウサギの餅つきではなくて、
天秤担いだ農夫さんに見えるかどうかが試されました。
わたくしの眼にかかれば、がんばれば見えなくも無いかもしれない、ぞ。といった程でした。
私の「天秤担いだ農夫さん」のイメージは、案山子のような格好となっております。
藤井さんの眼にはどのように映りますでしょうか。
ウサギの餅つきからは脱却したいですね。。
| yosinari | 2006/10/18 3:16 PM |
お帰りなさい。奄美の浜や浦々で八月の十五夜の月明かりを体験したかった!
| fujii | 2006/10/18 10:28 AM |
Coyoteさん、コメントありがとうございます!あと半月で開店です!ぜんぜん準備が整いません。。こちらはもうストーブを点けています。寒くなる前にもっと準備を進めなければと思っております。
| yosinari | 2006/10/16 8:56 AM |
いいね、これは! もっと書け、どんどん書け、無限に書け、黙り黙り書け、鉛筆で書け、釘で書け、指で砂に書け、雪に書け、書けるもんなら風や犬の腹にも書け、海面にも、テーブルにはこぼした水滴で書け、消えたてかまわないから、どんどん、どんどん! 

ところであと半月で開店かい? のんびりがんばってくれ。
| Coyote | 2006/10/15 5:09 PM |
あいや、そんなことないです。すみません。。
| yosinari | 2006/10/15 1:23 AM |
いいね。詩人だね。素晴らしい。僕には無理だけど、やっぱり詩の言葉でしか核心はつかめないのかな、あの体験は。いやー、凄い!
| 三上 | 2006/10/14 1:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.camenosima.com/trackback/409637
トラックバック
[思想]若い詩人からの応答:奄美自由大学体験記8(+美崎さんの「時間はない」説)
奄美自由大学で久しぶりに再会した若き詩人、現在札幌で古書店「書肆吉成(しょしよしなり)」を開店準備中の吉成秀夫君から、嬉しいトラックバックがあった。それは私の奄美自由大学体験記に対する、とても深い、遠い谺のような応答で、無意識を強烈に鋭く照射する傷
| 三上のブログ | 2006/10/14 11:48 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
熱帯雨林の彼方へ
熱帯雨林の彼方へ (JUGEMレビュー »)
カレン・テイ ヤマシタ, Karen Tei Yamashita, 風間 賢二
RECOMMEND
“関係”の詩学
“関係”の詩学 (JUGEMレビュー »)
エドゥアール グリッサン, ´Edouard Glissant, 管 啓次郎
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
へんな子じゃないもん
へんな子じゃないもん (JUGEMレビュー »)
ノーマ フィールド, Norma Field, 大島 かおり
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
PROFILE