札幌の古本屋の窓辺から 〜古書出張買取りの書肆吉成

北海道札幌市の古書店・古本屋です。専門書・学術書・美術や趣味の本など古本古書を買取ります。出張買取もしております。
札幌市東区北26条東7丁目3−28 011−214−0972
 ■札幌の古本買取専門店 書肆吉成  

 ■在庫一覧(新刊本・古書)

 ■日本の古本屋登録書リスト

 ■古本紹介

   メール yosinariアットsnow.plala.or.jp
  電話 011-214-0972   携帯 080-1860-1085
  FAX 011-214-0970
  営業時間・平日10時〜18時(日祝は12時〜18時)

 古本古書出張買取り致します。
 お気軽にご連絡下さい。
 
<< 開催中です!狸小路2丁目ラルズプラザ古本市 | main | 越山計画ブックマーク展で、高橋徹『古本屋 月の輪書林』を推薦しました。 >>
山口昌男 追悼展示
現在、東京外国語大学内で、山口昌男先生の追悼展示が開催されているそうです。

東京外国大学出版会の後藤さんがその様子を送って下さったので、ご紹介します。

(後藤さんは、かつて談話形式で書肆吉成探訪記事を書いてくれた編集者です)













人類学的思考の沃野―山口昌男追悼AA研シンポジウム

も開催されるそうです。

行けるものなら行きたいですが、いまは札幌の地で古書店業とアフンルパル通信をがんばることが私なりの追悼になり恩返しにもなるのだと思い定めているところです。
山口先生が切り開いた「沃野」は、なにも思考だけでないし、まして学問のなかだけに収まるものでもないはずでしょうから(と言うより、ほとんどの学問は「この生々しい世界」を出発点としているはずなので、まして「人類学」が学問の中だけに収まりようもないのですが)。
それと、山口先生は世の中の職業にたいして、宮武外骨に比肩しうる過激な平等観をもっていたと思います。
その人が山口先生にとって面白い人物であればどんな人でも分け隔てなく付き合って、心から楽しい時間を過ごしていました。
なので、私は自分の本にかかわる仕事に誇りをもち、かつ現状に満足せず、さらにもっと面白いことを如何にしてできるかと、どこまでも探求して、山口先生の背中を追い続けていきたいと思う者です。

山口先生は世間的には「学者」として凄かったのでしょうけど、私にとってはそれ以前に「人間」として凄く、さらにこういってよければ「生命力」とか「生き物」として凄い先生でした。そして何よりも「本を蒐める鬼」として、物凄い先生でした。
本にかかわる仕事を生業とする者の端くれとして、先生のそういう面からの影響をうけ、すこしでも引き継いでいけたらいいなぁと思います。

ちょっと熱っぽく書いてしまいました。赤面です。

さまざまなご恩に感謝して。


書肆吉成では、古本の買取をうけたまっております。
蔵書整理の際はぜひ一度ご一報下さい。

皆様のご愛顧を心よりお待ちしております。
| - | 22:29 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
熱帯雨林の彼方へ
熱帯雨林の彼方へ (JUGEMレビュー »)
カレン・テイ ヤマシタ, Karen Tei Yamashita, 風間 賢二
RECOMMEND
“関係”の詩学
“関係”の詩学 (JUGEMレビュー »)
エドゥアール グリッサン, ´Edouard Glissant, 管 啓次郎
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
へんな子じゃないもん
へんな子じゃないもん (JUGEMレビュー »)
ノーマ フィールド, Norma Field, 大島 かおり
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
PROFILE