札幌の古本屋の窓辺から 〜古書出張買取りの書肆吉成

北海道札幌市の古書店・古本屋です。専門書・学術書・美術や趣味の本など古本古書を買取ります。出張買取もしております。
札幌市東区北26条東7丁目3−28 011−214−0972
 ■札幌の古本買取専門店 書肆吉成  

 ■在庫一覧(新刊本・古書)

 ■日本の古本屋登録書リスト

 ■古本紹介

   メール yosinariアットsnow.plala.or.jp
  電話 011-214-0972   携帯 080-1860-1085
  FAX 011-214-0970
  営業時間・平日10時〜18時(日祝は12時〜18時)

 古本古書出張買取り致します。
 お気軽にご連絡下さい。
 
<< ラルズプラザ古本市 | main | 年末年始の営業のお知らせ >>
雪の小樽は、寒くてあったか。
南極に雨が降ったそうですが、きのうは雪の小樽で「小樽・南極物語」展を見ました。

平成24年は白瀬矗(しらせ・のぶ 1861〜1946)が日本人で初めて南極大陸に到達して100年目。『あいぬ物語』(金田一京助全集にも収録されています)の著者・樺太アイヌの山辺安之助や、花守信吉の活躍も忘れられません。

同時開催のアイヌ歌人・違星北斗展とともに小樽文学館を楽しみました。
違星北斗展は、木ノ内洋二さんらが作成した詳細な年譜が特にすごかったです。
小樽において、木ノ内洋二さんの魂がいまも熱く息づいているのを感じます。

小樽文学館から運河へと坂を下り、「冬の流星」を見ました。とても幻想的な風景でした。水面に浮かぶ青い光と人々の影。坂を上ると吹雪は一層強く、街中で遭難するかと思いました。やっとの思いで博信堂書店にたどり着いたら、そこはあたたかかでした。店も人も。

サンドリアで買ったサンドイッチをほおばりながら、高速バスで小樽へ行きました。必ず椅子に座れるので快適です。札幌の風景もいつもより目線が高くなって、異国のような美しい町並みを楽しむことができました。

来年の小樽文学館は見逃せない展示が目白押しなので、毎回通いたいです。
(あくまで)予定では、瀧口修造展、北原白秋展、左川ちか展、中井英夫展、小樽文学史展、とのことです。


札幌の古本屋 本の買取専門店 古書店|書肆吉成(しょしよしなり)
| - | 13:04 | comments(2) | - |
コメント
雪だるま様

コメントありがとうございます。
山本様の作成とは存じませんでした。
御教示下さり、ありがとうございます。

本当に詳細な年表で、驚かされました。
山本様の研究のますますの御発展をお祈りしたいです。
| よしなり | 2013/01/29 12:14 PM |
あの年表は木ノ内さんのものではなく、違星北斗研究者の山本さんが作ったものですね。
| 雪だるま | 2013/01/28 9:01 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
熱帯雨林の彼方へ
熱帯雨林の彼方へ (JUGEMレビュー »)
カレン・テイ ヤマシタ, Karen Tei Yamashita, 風間 賢二
RECOMMEND
“関係”の詩学
“関係”の詩学 (JUGEMレビュー »)
エドゥアール グリッサン, ´Edouard Glissant, 管 啓次郎
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
へんな子じゃないもん
へんな子じゃないもん (JUGEMレビュー »)
ノーマ フィールド, Norma Field, 大島 かおり
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
PROFILE