札幌の古本屋の窓辺から 〜古書出張買取りの書肆吉成

北海道札幌市の古書店・古本屋です。専門書・学術書・美術や趣味の本など古本古書を買取ります。出張買取もしております。
札幌市東区北26条東7丁目3−28 011−214−0972
 ■札幌の古本買取専門店 書肆吉成  

 ■在庫一覧(新刊本・古書)

 ■日本の古本屋登録書リスト

 ■古本紹介

   メール yosinariアットsnow.plala.or.jp
  電話 011-214-0972   携帯 080-1860-1085
  FAX 011-214-0970
  営業時間・平日10時〜18時(日祝は12時〜18時)

 古本古書出張買取り致します。
 お気軽にご連絡下さい。
 
<< お地蔵さん、かわいい! | main | 吉増剛造『静かなアメリカ』書肆山田刊 >>
酒井広司写真展。
きのうは酒井広司さんの個展でのトークイベントを聞きに、
CAI02に行ってきました。
北海道立近代美術館の佐藤友哉さんとの対談形式で、とても興味深いお話でした。
さっそく谷口雅春さんが感想をお書きになっています。
とても的を得た記事で、私がつけ加えることがないので、ご紹介をば。
http://www.northerncross.co.jp/kai/blog/?p=526

それでも私が個人的に興味深かったことを申せば、写真の緯度経度のことでした。佐藤友哉さんがおっしゃってたことで、酒井さんの写真には日付と緯度経度がデジタルな数字データとしてキャプションされていて、「北海道」の写真であり、どこか無名の地であるような写真になっているとのことでいした。
この平行感覚は、ひとつづきの地平で景色が入れ替わっていくのを観てみたいという欲求とともに、とても不思議な超現実的な感覚を私にもたらします。
写真の景色は静謐で、かっこいいです。写真のゼロ度を体感できます。

酒井広司氏は、北海道立文学館で開催された吉増剛造展の本のなかにある書影を撮影された方。あの本のサークルも不思議な重力感の写真でしたことを思い出します。
また、酒井氏は山登りをしていて出会う風景を撮影しているとのこと(かといって白籏史朗のような写真では決してありません)。
山との関連で、今日サウダージブックスで催されたでしょう詩人・浜田優さん×勝峰富雄さんのトークイベントにも想いが向いてしまいます。どんなだったでしょう。。
| - | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.camenosima.com/trackback/1518726
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
熱帯雨林の彼方へ
熱帯雨林の彼方へ (JUGEMレビュー »)
カレン・テイ ヤマシタ, Karen Tei Yamashita, 風間 賢二
RECOMMEND
“関係”の詩学
“関係”の詩学 (JUGEMレビュー »)
エドゥアール グリッサン, ´Edouard Glissant, 管 啓次郎
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
へんな子じゃないもん
へんな子じゃないもん (JUGEMレビュー »)
ノーマ フィールド, Norma Field, 大島 かおり
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
PROFILE